茶道っておもしろい!魅力あふれる遊び心3選

茶道って堅苦しいイメージ…と考えている人も多いのではないでしょうか。

決まりごとは多いし、細かいルールばかり。

最初は投げ出したくなることもあるかもしれません。

茶道の魅力のひとつ、遊び心が満載なこと!

そんな茶道にも、遊び心たっぷりな一面があるんです。

今回はわたしが大好きな遊び心を3つ、ご紹介します。

【茶道の遊び心1】まるで大人のおままごと!茶箱点前

その名前のとおり、箱を使ったお点前です。

※茶箱が点前として確立されているのは裏千家流のみのようです

私が持っている茶箱はこちら ↓

母の友人のご親戚からいただきました。ご縁に感謝です。

かわいらしい箱に小さなお道具がぎゅっと詰まっていますね。

お湯以外の必要な道具がほぼ全部箱の中に入っているんです。

茶箱を持ってどこへ行こうか考えるのも楽しい。
茶箱の中身を少しずつ買い足すのも楽しい。

子どものころおままごとミニチュアが大好きだったわたしは、そのまま茶箱も大好きになりましたっ!

わたしは茶箱点前を下記の本で学びました。カラー写真で手順が丁寧に解説されています。

【茶道の遊び心2】道具の使い道は何通りも!見立てのお道具

見立てとは、「物を本来のあるべき姿ではなく、別の物として見る」という意味です。

例えばこちらの写真。

この器は陶器市で購入した石見焼きの漬物入れ。

  • 本来あるべき姿=漬物を入れる
  • 別の物として見る=粉のお抹茶を入れる

粉のお抹茶を入れる道具を茶器といいます。

漬物入れを茶器に見立てることで、いつもと違った雰囲気になりますよね。

茶道具が全て揃っていなくても、おうちにある骨董品や旅先でのお土産で、自分の好みをたっぷり表したお点前ができるのです。

お買い物ついでに茶道具探しへ出かけたくなりますよね~!!

【茶道の遊び心3】くじ引きで役割を決める!花月

花月とは、5人集まったらできる遊びです。

5人で札をひいて、「お茶を点てる人、お茶を飲む人」を数回ランダムに決め、順番に楽しむ会のこと。

花月札 表
花月札 裏

表にはすべて同じ松の絵が描かれています。

裏には月、花、一、二、三と描かれていて、この絵柄で役を決めます。

ちなみに私は1度の花月で4回もチャンスがあったのに、
飲む役も点てる役も当たらなかったことがあります…。運がなかった…。

5人とも花月のルールを知っていないとできないし、役が当たるたびに座る場所や所作が変化します。

花月百篇朧月かげつひゃっぺんおぼろづき 」なんて言葉はまさにその難しさを言い表していますね。

花月そのものの種類が多く、順序や役割が札によって決められることから、
百回 もよお しても 朧月おぼろづき程度だ」という意味だそうです。

まとめ

茶道の世界では、もちろん守るべき決まり事もたくさんありますが、そんななかでもユーモアあふれる遊び心はたくさんあるんです~!

堅苦しそう…という理由でお稽古に行くのをためらわず、ぜひ茶道の遊び心を楽しんでくださいね♪

* * *

Twitter⇒@kie_greentea

Instagram⇒@kie_greentea

質問箱⇒https://peing.net/ja/03a8aeba6d2ca8

お問い合わせはこちらからどうぞ!
https://sadoguide.com/contact