お点前って何してるの?お抹茶を点てるだけじゃない!基本的な流れをご紹介!

茶道のお稽古では「お点前おてまえ」を日々練習します。

お湯をわかし、お茶を点てお客様にふるまう行為。

具体的にお点前とは何をするのか、簡単にご紹介します~!

お点前の基本的な流れ

いちばん基本的な流れの一例を紹介します!

【1】必要な道具を運び出す

お客様が席についたとき、道具はまだそろっていません。

最初に一礼をし、お茶を点てるために必要な道具を裏から運び出します。

定位置に座り、道具を畳の上など決められた場所に置きます。

お点前がスムーズに進められるように考え抜かれた配置になっていて、すごく合理的なんです。
お点前を考えた人、すごい…!

お芝居で言うと、「幕が上がっていよいよ始まる」という状態。

【2】道具を清める

清める」=汚れを取り除いて、きれいにすること

使うお道具をひとつずつ清めます。

もちろんお点前の前に清めていますが、改めてお客様の前でも丁寧に。

清める所作は、これから点てるお抹茶に対しての気持ちの表れです。

ひとつひとつ心をこめて清めることで、お客様への想いがより一層伝わりますね。

道具を清められたら、「お茶を点てる準備が整った」状態です。

【3】お茶を点てて、お客様に差し上げる

お客様にお茶を一服点て、さしあげます。

一番重要で一番ワクワクする時間ですね。

難しいお点前ではここまで30分以上かかることもあります…!

お抹茶を点てたら、ゆっくりと相手に正面を向けてお出しします。

【4】道具を清め、裏へ下げる

全てのお客様がお茶を召し上がったら、お道具をまた清めます。

道具を片づける準備ですね。

使ったものは元通りに」が基本です。

また、お道具を持ち出した時のように並べ直します。

この部分は前半に比べ、さらりとした所作を意識します。

そして、お道具を裏へ下げます。

最後に一礼をして、お点前は終わりです。

いろんなお点前があります

上記の基本的な流れにさまざまな要素が加わり、お点前の種類が増えます。(裏千家流の例)

  • 中国のお道具を使ったお点前
  • テーブルでのお点前
  • 狭い部屋でのお点前
  • お茶碗をいただいたときのお点前
  • お抹茶をいただいたときのお点前
  • 偉い人がきたときのお点前
Kie

気になるお点前はありますか?

なんでそんなに丁寧なの?

なぜこんなに丁寧で時間のかかる流れなのでしょう。

ホットコーヒーで想像してみてください。

こだわりの中から私に合わせて選んでくれたカップ。目の前でお湯を沸かし、ハンドドリップで淹れてくれる。

ほっとする香りに包まれながら注がれていく様子を眺め、味を想像する。

一番いい状態で出してくれたコーヒーを今日一番のスイーツとともにいただく…

想像しただけで贅沢な時間ですよね。お抹茶でも同じです。

裏で点てたお抹茶をお客様に運んでもいいんです。

でもお客様の目の前で、準備からお茶を点てて片づけまでを行うことで、ひたすら一服のお茶のために心をこめられるのです。

お点前を練習すると、大切な人にお茶を一服差し上げることができるようになりますよ~!

* * *

Twitter⇒@kie_greentea

Instagram⇒@kie_greentea

質問箱⇒https://peing.net/ja/03a8aeba6d2ca8

お問い合わせはこちらからどうぞ!
https://sadoguide.com/contact