冷たいお抹茶の点て方!2通りの作り方を楽しもう

暑くなってきたこの季節、おうちで「冷たいお抹茶」を点ててみませんか?

わたしも5月から9月ごろまでは、冷えたお抹茶を楽しむことが多いです。

特別な材料やお道具は必要なく、誰でも簡単に点てることができるのでぜひ試してみてください!

お抹茶の基本的な点て方はこちらからどうぞ↓↓

冷たい抹茶はごくごく飲めて美味しい

冷たいお抹茶は、苦味も甘味もどちらも強く感じられます。

抹茶はいつもの温かいお抹茶の時と同じもので大丈夫。

目安は40gで1000円以上のものがおいしいです。

お茶碗ももちろん何でもいいですが、ガラスのものがあると涼し気でぴったりですね。

わたしはダンスクのフルーツボウルを使ってみました!(耐熱ではないので自己責任で使っています)

【冷たい抹茶】水で点てる方法

まずは冷たいお水を使う方法です。

お湯を使わないので公園など屋外でいただくのにも手軽でおすすめ。

この方法は、わたし自身も地元の夏祭りでのお茶席で実際にふるまったことがあります。

子供だったから浴衣でお点前して楽しかったな~!

1.抹茶2gを濾す

2gと書いていますが、わたしはきっちり量らずに点てています。

おうちなのでお茶碗に直接抹茶がふりかかるようにしていますが、正式な作法ではありません~!

2.冷たいお水を60ml~70ml注ぐ

こちらもわたしは目分量。

3.茶筅を振って点てる

しっかりと泡立てるのは難しいので、”お抹茶がダマにならず水に溶けている状態”を目指しましょう!

かき混ぜるというよりは”撹拌する”イメージです。

お好みで氷を入れてもOK。

完成です!

【冷たい抹茶】 氷で冷やす方法

続いて、熱いお抹茶を氷で一気に冷やす方法です。

わたしはこちらの方が味が好みです。

1.抹茶2gを濾す

お水で点てたときと同じです。

2.お湯を40ml~70ml注ぐ

今度はお湯を注ぎます。

3.茶筅を振って点てる

泡ができなくても大丈夫です~!

お湯にお抹茶が溶けるように点てましょう。

4.氷を入れる

氷を入れた直後は温度がムラになているので、ほんの少し茶筅でかき混ぜましょう。

今回は氷を3つ入れましたが、大きめの氷を1つだけ入れるのものいいですね♪

お好みでお湯の量を少なくすることで、氷が溶けても薄くならない冷やし抹茶になります。

冷たい抹茶の点て方をマスターして夏を乗り越えよう

8月はお茶のお稽古お休みです~!なんて教室も多くて、その理由の一つは「暑いから」。

冷房がなかったころのことを考えると納得ですよね。

きりっとした冷たい抹茶で日本の暑い夏を乗り越えましょ~!

* * *

Twitter⇒@kie_greentea

Instagram⇒@kie_greentea

質問箱⇒https://peing.net/ja/03a8aeba6d2ca8

お問い合わせはこちらからどうぞ!
https://sadoguide.com/contact